廃車って何

「廃車」の意味

「廃車」は自動車を使用しなくなった時に行う手続き(およびその手続きが完了した車両)です。
「廃車」というとスクラップ置き場に山積みされた古い自動車を思い浮かべる方も多いかと思います。しかし、本当の意味で「廃車」にするには廃車手続きを行う必要があります。
廃車手続きを行い車籍を抹消しないと自動車税を納税する義務が続きます。

そして、廃車手続きには永久抹消登録一時抹消登録解体届出があります。

永久抹消登録

使用しなくなった自動車を解体した後に行うのが永久抹消登録です。永久抹消登録を行うと自動車税、自動車重量税、保険料の還付を受けることができます。

永久抹消登録の手続きは廃車買取業者へ依頼するのがお勧めです。
廃車買取業者なら面倒な手続きもすべて代行してもらえます。

一時抹消登録

長期の海外出張や盗難などで一時的に自動車を使用しない場合に行うのが一時抹消登録です。一時抹消登録でも自動車税、保険料の還付を受けることができます。一時抹消登録の場合、再登録を行えば再び自動車として使用することができます。

再度使用する予定がある場合の一時抹消登録の手続きはご自分で行う必要があります。

解体届出

一時抹消登録をした自動車を解体した後に行う手続きです。

解体届の手続きも廃車買取業者へ依頼するのがお勧めです。

「廃車」における各種手続きの方法

廃車の手続きはご自分でも行うことが可能です。

永久抹消登録の方法

必要書類の準備
  • 所有者の実印(認印は不可) ※1
  • 所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの) ※1
  • 自動車検査証(車検証) ※2
  • ナンバープレート前後2枚 ※2
  • 「移動報告番号」 ※3
  • 「解体報告記録がなされた日」 ※4
重量税還付を受ける場合に追加で必要になる書類 ※5
  • 所有者のマイナンバーカードまたは通知カード、もしくは個人番号の記載がある住民票 ※6
  • 重量税還付金を受領する金融機関情報(銀行名、口座番号など)
所有者の住所が車検証と印鑑証明で異なる場合に追加で必要になる書類
  • 住民票(3ヶ月以内のもの) ※7
所有者の氏名が結婚などで車検証と印鑑証明で異なる場合に追加で必要になる書類
  • 戸籍謄本または住民票(3ヶ月以内のもの)
管轄の運輸支局での手続き
  • 「手数料納付書」、「永久抹消登録申請書」、「自動車税・自動車取得税申告書※8」の用紙に記入
  • ナンバープレートの返却
  • 書類の提出
税事務所への永久抹消の申告 ※9
  • 運輸支局場内にある自動車税事務所の税申告窓口に自動車税申告書を提出します。 ※10
保険の解約手続き
  • 自賠責保険、任意保険の保険期間が残っている場合は手続きを行います。 ※11

一時抹消登録の方法

必要書類の準備
  • 所有者の実印(認印は不可) ※12
  • 所有者の印鑑証明書(3ヶ月以内のもの) ※12
  • 自動車検査証(車検証) ※13
  • ナンバープレート前後2枚 ※13
所有者の住所が車検証と印鑑証明で異なる場合に追加で必要になる書類
  • 住民票(3ヶ月以内のもの) ※14
所有者の氏名が結婚などで車検証と印鑑証明で異なる場合に追加で必要になる書類
  • 戸籍謄本または住民票(3ヶ月以内のもの)
管轄の運輸支局での手続き
  • 「手数料納付書」、「一時抹消登録申請書」、「自動車税・自動車取得税申告書 ※15」の用紙に記入
    [所有者の住所が車検証と印鑑証明で異なる場合]申請書(第1号様式)への記入
    [所有者の氏名が結婚などで車検証と印鑑証明で異なる場合]申請書(第1号様式)への記入
  • 登録手数料の支払い ※16
  • ナンバープレートの返却
  • 書類の提出

書類提出後、登録識別情報等通知書の交付を受けます。 ※17

税事務所への一時抹消の申告 ※9
  • 運輸支局場内にある自動車税事務所の税申告窓口に自動車税申告書と登録識別情報等通知書を提出します。 ※18
保険の解約手続き
  • 自賠責保険、任意保険の保険期間が残っている場合は手続きを行います。 ※19

解体届出の方法

必要書類の準備
  • 所有者の認印 ※20
  • 登録識別情報等通知書(もしくは一時抹消登録証明書)
  • 「移動報告番号」 ※21
  • 「解体報告記録がなされた日」 ※22
管轄の運輸支局での手続き
  • 「手数料納付書」、「永久抹消登録申請書(及び解体届出書)」の用紙に記入
  • 書類の提出

廃車手続きのトラブルと注意点

廃車の手続きは廃車買取業者に依頼するの便利です。しかし、しっかりした業者を選ばないとトラブルが発生する場合があります。

トラブルのひとつが廃車費用に関するトラブルです。
廃車費用無料を謳っている買取業者が多いため、廃車費用は無料と決めつけていると、代行手数料や運搬費用などがかかるため、廃車を有料で行っている業者もあり、手続き後に廃車費用を請求される場合があります。廃車費用が無料か、もしくは負担しなければならない費用があるのかは書面によって事前に確認しておくことがトラブルを避けることとなります。

もうひとつが税金のトラブルです。
廃車手続きを行えば自動車税などは支払う必要はありませんが、廃車した自動車の自動車税納税通知書が届くといったトラブルです。
そのような場合は廃車した自動車を買い取った業者にすぐに問い合わせます。
抹消手続きが正しく行われていなければ、自動車税が課税されてしまいます。廃車の際には手続きが完了しているか確認しなければなりません。
また、廃車の際には自動車税や自動車重量税の還付金についてもしっかり確認しましょう。

その他、査定価格と最終的な買取価格が大幅に違ったりするような買取業者もありますので、廃車買取業者は慎重に選びましょう。

廃車?中古車?どちらの買取業者に依頼する?

自動車を手放す場合、廃車買取業者と中古車買取業者、どちらに買取依頼をするのが良いのでしょう?

中古車販売業者は買い取った自動車を中古車として販売します。つまり、中古車として販売するのが難しい自動車は中古車販売業者には買い取ってもらえず、処分に費用がかかる場合もありますので、以下のような自動車は廃車買取業者へ買取を依頼するのがお得です。
・事故車
・故障車
・水没車
・年式が10年以上前の車

上記以外の自動車であれば、中古車買取業者に見積もりを依頼したほうが買取価格は高くなることが多くなります。もちろん、それでも処分費用の方が多くなったり、価格に納得がいかない場合は、その上で廃車買取業者にも見積もりを依頼するのが良いでしょう。

廃車手続きでも「ミカタ」です。

廃車のミカタでは買い取ったお車の廃車手続きも無料で代行いたします。
お気軽にお問い合わせください。

お電話・LINEで無料相談

△ページ先頭へ戻る